< 暦を調べるだけで高パフォーマンスが得られれば、素晴らしいですね >
  < 暦を調べるだけで高パフォーマンスが得られれば、素晴らしいですね >

ハロウィン効果

株式市場では、夏のパフォーマンスが低く、冬のパフォーマンスが高いことが知られています。

 

月齢効果

新月近辺の日には株価パフォーマンスが高く、満月近辺の日には株価パフォーマンスが低いことが知られています。

 

月替り効果

月末月初は株価騰落率が高いことが知られています。

 

週替り効果

週後半は株価騰落率が高いことが知られています。

  

天候の影響

晴れた日には株価が上昇しやすいことや、磁気嵐が起こったあとは株価パフォーマンスが低くなることなどが知られています。

 

夜間リターン(夜間超過収益) 

株式市場では、夜間の株価リターンは昼間のリターンと比較して非常に高いことが知られています。

 

アノマリー研究所

    ( Since 2011.11)

 当面は、カレンダー効果を中心に分析していきます。 

 

 

これまでの分析結果を分野別に編集し、書籍風にまとめてみました。(2016.3)